男女

事業譲渡を検討するならコンサルティング業者に相談しよう

PC

信頼できるパートナー選び

会社売却において重要なポイントを解説していきます。タイミングなどを間違えると損失が大きくなってしまうこともあるので、慎重に準備を進めていくことが重要になるでしょう。

テーブルとイス

こだわりたい条件

大阪で貸店舗を探しているなら、立地にこだわりたいと考える経営者が多いといいます。駅前など好立地にあれば宣伝費用をかけなくても集客効果を期待することができるのです。

店舗

魅力的な居抜き物件

貸店舗を人気の心斎橋エリアで探している経営者の中には、コストの問題で悩むというケースも多いといいます。しかし、居抜き物件を利用すれば、かなり費用を抑えることが可能になります。

ベストな結果を目指す

ビル

事業譲渡を検討する経営者は多いはずです。特に後継者不足で悩むケースでは、会社をたたむよりは、事業譲渡を決めて事業を継続することで、従業員の雇用を守ることもできるといえます。もちろん、事業譲渡によっては、すべてを受け継ぐことができないケースも多数あります。顧客や従業員を引き継ぐことができない場合もあるので、そうした可能性も考慮に入れながら準備を進めていくことになるでしょう。株式譲渡であれば、会社の契約関係には影響がないですが、事業譲渡では、契約関係においても見直されることが多いといえます。リスクを踏まえた上で、よく検討することが求められるでしょう。事業譲渡を成功させるためには、コンサルティング業者のサポートを受けることも有効だといえます。買い手となる企業を探してくれますし、自社にとってより有益な買い手候補を絞るときにも、さまざまなアドバイスを期待できます。さらに専門家に仲介してもらうことで、交渉もスムーズに進めることができるはずです。仲介業者に入ってもうらことで、経営者が手にする金額も大きく変わってくるといえます。成功例でいうと、当初の2倍以上の金額で事業譲渡することができたケースもあります。しかも、従業員や顧客も引き続き継続することができて、まさにウィンウィンになるケースだといえます。こうした事業譲渡を目指すためにも、有能なコンサルティング業者を選ぶことが肝心になってくるでしょう。コンサルティング業者によって特徴は異なりますので、まずは評判のよいコンサルティング業者をピックアップして、検討することから始めることをおすすめします。料金体系もかなり変わってくるので、着手金や、月額の費用、報酬額などに着目して、コストパフォーマンスのバランスをみていくことも重要になります。